スコット先生のリスニングパワーで英会話力アップ

スコット先生のリスニングパワーで
英会話力がアップした秘密です。

私が海外でも、自然に英語が頭に浮かんで
自然に話せるようになったのは
リスニングパワーのおかげです。
発音も良いとアメリカ人の友人や
主人にもほめられました。

リスニングパワーの音声を毎日30分ずつ
パソコンを見ながら、聞き流す感じで
30日間続けてみました。

すると30日後くらいから
自然に口をついて英語が話せるようになっていました。

英語のリスニング力だけでなく
きちんと通じる英語が話せるようになったから
すごく喜んでいます。

他の英語教材もいろいろ試してもダメだったのに
スコット先生のリスニングパワーだけ効果が
あった理由としては、たぶん
普通のリスニングCDと違っていたからです。

リスニングパワーの音声は
雑音のような音やキーンとかピーとか
いろんな音階の音がバックで流れたりします。

聞こえてくる英語のスピードも早かったり遅かったり
繰り返しも多いです。
発音の違いもしつこいくらい繰り返されます^^
しつこいかもっておもっていたんですが
たぶん、それがいいみたいですね。

耳が慣れてくると英語耳になるんだと思います。
日本語など入らず、英語のみなのもよかったです。

スコット先生のリスニングパワーを
繰り返し聞くのがおすすめです。

私が海外でも英会話が自然に
楽しめるようになったリスニングパワーについて
詳しくはこちら公式サイトをどうぞ
サンプル音声が聞けます。聞いてみてください。
リスニングパワーで英語耳とネイティブに通じる発音になる!

自宅で簡単英語リスニング

自宅で簡単に英語リスニングできたらいいなと思いませんか?

英語耳になると良いことばかりです。
何がいいかというと、リスニング力が
アップするだけでなく英語の発音も良くなります。

私は自宅でリスニングパワーを30日以上聞いたら英語耳になりました。
スコット先生のリスニングパワー 体験

英語耳で、英語脳になって発音力もアップできるのが
こちらです。
リスニングパワーで英語耳とネイティブに通じる発音になる!

実際に聞いてみると、約3日目くらいから
英語がゆっくりと自然に聞こえはじめました。

今は、英語のまま意味がわかっていて
思わず、口から出てきています。
英語耳になって喜んでいます。

TOEICのリスニング力アップにも役立ちます。
音声サンプルも聞けますから、どんな
音声なのか、ぜひ、聞いてみてください。
詳しくは、こちらでどうぞ
リスニングパワーで英語耳とネイティブに通じる発音になる!

リスニングパワー 英会話 口コミ

最近、アメリカの方と少し英語で
会話したんですが、久しぶりに
英語を話すにもかかわらず、すんなりと
相手が話すことが理解できて
私も、自然に英語が話せました。

楽しく趣味のこととか
話せた上に、英語がうまいと
ほめられちゃいました^^

以前の私では考えられなかったことです。
リスニングパワーの英会話というか
リスニングパワーを聞いていたおかげです。

30日間は、ちゃんと聞き続けていて
英語耳になったと大喜びしたあと、
すっかりさぼっていまいsたが、
耳は英語耳のままの状態でしたよ^^

また、毎日聞こう。繰り返しがポイントです。
英語バイリンガル育成プログラムリスニングパワー

レベッカ先生のエブリディ英会話も特典になります!

リスニングパワーをこのサイト経由で購入すると
リスニングパワーの特典に加えて、さらに
レベッカ先生のエブリディ英会話も特典でプレゼントしています。
英語バイリンガル育成プログラムリスニングパワー
こちらからプレゼントしているレベッカ先生のエブリディ英会話を
受講すれば、あなたの英会話力がさらにアップします。

「レベッカ先生のエブリディ英会話」は、
ネイティブ英会話講師が厳選した「英語フレーズ」が、
ゆっくりスピード、ナチュラルスピードの2 段階の音声と
2 人のネイティブの英会話を録音した音声を毎日、
メールでお届けするレッスンです。
英語バイリンガル育成プログラムリスニングパワー
 上記の決済画面で、特典表示がこのように

見えていることを確認してから、購入してください。

もし見えないときは、クッキーが無効になっています。
クッキーを有効にしてから、特典が
見えるのを確認してから購入してください

購入前のクッキー有効の設定方法は
Cookieの設定方法
↑こちらをどうぞ。

★購入後、お早めに、ダウンロードしてください。
2週間すぎると、特典もダウンロードできなくなります

特典のダウンロードの方法は
購入後、インフォトップの購入者ページから
ログインして↓
https://www.infotop.jp/user.php?com=loginForm
↑メールアドレスとパスワードを入力すると入れます。

そして、上のバナーの注文履歴をクリックして
下のほうを、みていくと特典一覧というところに
特典情報が、ダウンロードできるようになっています。

★リスニング力をアップしてTOEICスコアをアップしたい方や
私みたいに英会話力をアップして旅行や留学を楽しみたい方や
日本にいながらにして英語をネイティブみたいに
話せるようになりたい方は、お早めにどうぞ!
英語バイリンガル育成プログラムリスニングパワー
今なら、先着30名様に限りスコットペリー先生の
30日間無料メールサポートつきです。

リスニングパワーで英語が話せた

リスニングパワーのおかげで
英語のリスニング力だけでなく
ちゃんと通じる英語が話せるようになっています。

今台湾に滞在中ですが英語圏以外でも
英語は国際語だなと感じます。
日本を離れたら、コミュニケーション手段は
英語が一番通じます^^

自分では、リスニング力ついて
英語耳になったなって思っていたんですが
ネイティブの友人からも、発音が
良いとほめられちゃいました^^
うれしいです。

長年私のひどい発音を聞いていた主人も
「発音、きれいになったね」
とほめてくれました。

きっとヒアリング力とスピーキング力は
繋がっているんですね。

ですから、英語のスピーキング力アップにも
リスニングパワーを繰り返し聞くのがおすすめです。
詳しくは、こちらでどうぞ
⇒ リスニングパワーで英語耳とネイティブに通じる発音になる!

遠藤メソッド式英会話速習プログラムで英語脳になる?

遠藤メソッド式 英会話速習プログラムで英語脳になるのかなと
調べていました。

遠藤メソッドを作りだした遠藤 尚雄氏の
アメリカ特許を取得した超高速英会話習得法
このプログラムで学ぶことができます。
遠藤メソッド式 英会話速習プログラム

もし、あなたが本気で
外国人に通じる英会話力を身につけたいなら…

数学、物理、心理学、深層心理学、脳医学などの科学者の
遠藤 尚雄氏がエジソンの発明から“ある発見”をして生み出した
超高速英会話習得法を試して下さい!
遠藤メソッド式 英会話速習プログラム

アメリカ特許を取得した、ネイティブ並みの英語を話せる
この方法なら、あなたにペラペラと
英語を話してもらう事ができます。

しかも、毎分200単語、
毎秒 3.3単語の高速で英単語が聞き取れるようになる
英語脳も手に入れる事ができます。

30年に渡り日本大手企業の海外赴任者の為の
高等英会話教育に携わり
1万人以上の日本人を本格的なビジネス英語を話せるようにした
超高速英会話習得法の秘密を詳しくお伝えしていきます。
遠藤メソッド式 英会話速習プログラム

この学習法は以前一般個人の英語勉強法にも応用され、
厚生労働省教育訓練給付金対象講座としても好評を得ていました。

なぜ、このように短期間で多くのネイティブを輩出できたのか?
をあなたにもこのページでお伝えしていきたいと思います。

このページを読み終えた時には、

「聞き流すだけで英会話が身に付く…」

「1日○○分だけで英会話が身に付く…」

などの方法で英会話力が身に付かない理由がお分かり頂けると思います。
遠藤メソッド式 英会話速習プログラム
この↑リンクから購入された方には
上記に記載の特典に加えて、さらに
特別特典として遠藤メソッドの遠藤尚雄氏の
『英語は独学に限る』(主婦の友社発行)の
電子書籍版をプレゼントしています。

特典も活用して、英語脳を身につけて
ビジネスでも旅行でも本物の英会話力で楽しんでください。

スコットペリーのネイティブ英会話とは?

スコットペリーのネイティブ英会話とはこちらです。
⇒⇒スコットペリーのネイティブみたいな英会話になる方法

スコットペリー先生は、日本で英語を教えながら、
どうすれば日本人が英語の音を聴きとれて、英会話ができる
ようになるのか、ということを長年研究されてきました。

実は、英語と日本語では「周波数」が大きく異なるのです。
日本語の周波数は世界の中でも低い周波数の部類に入ります。
一方、英語の周波数は高いです。

日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語
を聞いても、ネイティブの話す英語本来の音を聴き取ることが
できず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのです。
それがカタカナ英語になる要因なのです。

「日本人が英会話に弱い理由は日本語の周波数にあった」・・・

この事実をもとに、スコットペリー先生は言語学者、語学講師、
エンジニアなどの協力を得て、『リスニングパワー』という
発音力養成プログラムを開発されました。

『リスニングパワー』は、ネイティブの発音をコンピューターで
分析し、英語独特の「キーサウンド」や、その他の「混合音」を
広範囲にわたり解析した結果、日本人がネイティブの音を聴き
取れるように開発されたリスニング教材です。

この教材は、日本語には存在しない「10の母音」と
話すときに生じる「発音の変化」を重視しています。

英語の周波数を「耳から脳に送る」ことによって
日本人にとって今まで聴き取ることの難しかった英語の
「音声」を認識できるようになってくるようです。

英会話の学習に周波数が出てくるというのは、今まで多くは
語られてこなかったのではないかと思います。ひとつの着眼点
として非常に興味深いです。
続きはこちらでどうぞ
⇒⇒スコットペリーのリスニングパワー

スコットペリーのリスニングと発音力上達方法とは?

スコットペリーのリスニングと発音力上達方法はこちら
⇒⇒スコットペリーのリスニング力が30日で上達する方法

きれいな発音を身につけると、リスニング力が伸びてきます。
発音がよくなることで、日本語にない英語の音が聴き取れる
ようになるため、リスニング力が上がるのです。

間違った発音が身に付くと、発音矯正にも時間がかかります。
発音を習得するのは早いほどいいと言われています。

4才から11才までの間に育った環境で「言語への適応能力」が
ほぼ決まってしまいます。12才を過ぎてからは、英語を聴いて
も日本語の似ている音(カタカナ音)に置き換えてしまうように
なります。

英語には日本語にない音がたくさんあるので、日本人が英語を
聴き取れないのも自然なことと言えますね。

英語力と発音力は別のスキルです。英語の文法も学びつつ、
発音力を身につけるためには、発音理論に則した学習をする
ことが必要となります。

自己流の学習では時間がかかります。また、間違った学習を
してしまうというリスクもあり得ます。
正しい方法で集中的に取り組むことで効果は早く表れるのです。

それでは、どういう学習をすれば発音力が鍛えられ、
リスニング力が向上するのでしょうか。

日本で英語を教えている、発音の第一人者のスコットペリー先生
によると、日本人のカタカナ発音をネイティブ英語に変えるには
いくつかの秘訣があるとのこと・・・

「4つの口の形を覚えれば正しい発音ができる」
「ネイティブが英語を話す時の呼吸の仕方を身につける」
など、これ以外にも秘訣はあるようです。

スコットペリー先生は日本人に的を絞って英語の発音力の向上
に取り組んでこられました。
それはどのような理論・方法のもとで行われているのでしょう? 
続きはこちらでどうぞ。
⇒⇒スコットペリー先生のリスニングと発音力上達方法

スピーキング上達法は?

スピーキング上達法で役立つのはこちらです。
スコット先生の発音大学でスピーキング上達

スピーキングの上達法として、3つのポイントがあります。
それは、「発音」「インプット」「アウトプット」。
これらをしっかり訓練することでスピーキングの上達が望めます。

英語では「発音」がすべての基本になります。自分が知らない
単語は聴き取れず理解できません。正しい英語の発音を身に
つけることで、スピーキングのみならずリスニングに対しても
プラスになります。

日本人にとって完璧な英語の発音をするのは難しいです。
そこまでには至らなくても、最低限ネイティブに通じる発音が
できないと相手には何も伝わりません。

相手に通じる発音を身につけるには、個々の単語の発音や
アクセントを知ることはもちろんですが、文章の中でその
単語がどのように発音されるのか。
文の流れの中で「発音の変化」を知ることも必要となります。

それに加えて基本文例をインプットし、それを「口に出す」
というアウトプットが、スピーキングの上達には欠かせません。

このインプットには文例だけでなく、国際的に問題になっている
ことや「アイフォン」といった話題性のある情報なども含まれます。
いくら発音がネイティブのようにできても、内容の薄い話では
コミュニケーションが広がっていきにくいからです。

時事問題について、自分の意見を伝えることができれば、
深いコミュニケーションに発展していけるでしょうね。

スピーキングでは「間違いを恐れない」心構えも必要です。
「きちんとした英語を話さなければ」と考え過ぎてしまうと
言葉が出てきません。

「外国語である以上、間違うのは当然」と思うくらいでちょうど
いいでしょう。ジェスチャーも使いながら自分の意思を「伝えよう、
伝えよう」とする熱意がスピーキング力を上達させます。

スピーキング上達の早道はこちら
スコット先生の発音大学でスピーキング上達
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!

スピーキングに英文法は?

スピーキングに英文法は?

スピーキングのための英文法も、理解できる!
スコット先生の発音大学でスピーキング英文法
 
私たちは学校で長年、英語を勉強してきています。
それなのに「英語が話せない」と感じている人は
少なくないでしょう。

何年も英語を勉強しているのにスピーキング
が苦手なのはどうしてなのか・・・。

それは学校で習った「英文法」がスピーキングに
結びついていないからではないでしょうか。

授業で習った文法が知識レベルにとどまっているだけ
で「自分のモノ」にはなっていないように思います。

「スピーキングに英文法は関係ない、慣れがすべて」
みたいなことを聞いたりもするため、文法を筆記テスト
対策として捉えてしまう部分があるようにも感じます。

ただ、ある年齢以上の人は慣れることに加えて「基本文法」
は必須です。中学1、2年生に習う英文法を知識レベル
ではなく、スピーキングを念頭に置いた英文法として
「自分の血肉」にしていく必要があります。

文法を血肉化させるためには「文法のルール」にあてはまる
英語の文章を、しつこいくらいに音読していきます。

10回、20回は準備運動。100回は繰り返すくらいの
気持で音読します。要は「口が覚える」感覚です。

単に機械的に繰り返すのではなく、その状況に浸るような思い
で音読すると効果的です。たとえば、北海道に行ったことが
あるなら「I enjoyed my vacation in Hokkaido.」と、その時
の映像を思い浮かべ、その時の「気持ち」も感じながら音読
すると記憶にも強く残ります。

自分の経験したことがない状況の英文内容であっても想像
はできますよね。言葉は「感情が伴う」と忘れにくくなります。

「スピーキングを見据えた英文法」という視点で見直すと、
難しいはずの文法が、何か新鮮に見えてきませんか。

スピーキングを見据えた英文法にも役立ちます!
スコット先生の発音大学でスピーキングと英文法
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!