英語バイリンガルとは?

バイリンガル・・・
辞書的には、日本語と外国語の二ヶ国語を話せる人のことですが
日本では「日本語と英語」を話せる人のことを指すことが多いです。

バイリンガルも最近はメジャーな言葉になってきました。
以前は、バイリンガルのことを「帰国子女」と言っていました。

芸能人では、早見優さん、西田ひかるさん、宇多田ヒカルさん
などがいますね。

日本人は英語を学校で習ってはいても話せる人は少ないので
バイリンガルを羨ましい目で見ている人が多いかもしれません。

日本人からすれば、楽に二ヶ国語を話せるようになったかのごとく
思っているところがありますが、バイリンガルの人たちから言わせると
二ヶ国語を話せるようになるには、かなりの努力をしていたそうです。

「海外にいるとき、家では親が日本語を教えるのだけれど、
それが厳しくて嫌でしょうがなかった時もあった。母親が鬼に見えた」
というバイリンガルの人もいます。

私たち日本人が日本語を自然に覚えたように、彼らも子供のころから
英語圏に暮らしていれば、英語はそれほど苦労することなく話せる
ようにはなるでしょうが、彼らからすれば日本語は外国語になるので
そう簡単にマスターできるものではない、ことは想像がつきます。

言葉は一度身につければ、一生使えます。
日本においては、日本語と英語の両方を自由自在に操ることが
できれば、さまざまな場面で有利に働きます。

通訳や翻訳などの仕事はこれからもっと必要となります。
ネットを使っての翻訳もありますが精度は高くありません。
言葉である以上、機械ではなく「人」が介在することで
「人間らしい翻訳」ができると思います。

バイリンガルの活躍する時代がすでに来ています。

2000名以上をバイリンガルにした方法