スピーキング上達法は?

スピーキング上達法で役立つのはこちらです。
スコット先生の発音大学でスピーキング上達

スピーキングの上達法として、3つのポイントがあります。
それは、「発音」「インプット」「アウトプット」。
これらをしっかり訓練することでスピーキングの上達が望めます。

英語では「発音」がすべての基本になります。自分が知らない
単語は聴き取れず理解できません。正しい英語の発音を身に
つけることで、スピーキングのみならずリスニングに対しても
プラスになります。

日本人にとって完璧な英語の発音をするのは難しいです。
そこまでには至らなくても、最低限ネイティブに通じる発音が
できないと相手には何も伝わりません。

相手に通じる発音を身につけるには、個々の単語の発音や
アクセントを知ることはもちろんですが、文章の中でその
単語がどのように発音されるのか。
文の流れの中で「発音の変化」を知ることも必要となります。

それに加えて基本文例をインプットし、それを「口に出す」
というアウトプットが、スピーキングの上達には欠かせません。

このインプットには文例だけでなく、国際的に問題になっている
ことや「アイフォン」といった話題性のある情報なども含まれます。
いくら発音がネイティブのようにできても、内容の薄い話では
コミュニケーションが広がっていきにくいからです。

時事問題について、自分の意見を伝えることができれば、
深いコミュニケーションに発展していけるでしょうね。

スピーキングでは「間違いを恐れない」心構えも必要です。
「きちんとした英語を話さなければ」と考え過ぎてしまうと
言葉が出てきません。

「外国語である以上、間違うのは当然」と思うくらいでちょうど
いいでしょう。ジェスチャーも使いながら自分の意思を「伝えよう、
伝えよう」とする熱意がスピーキング力を上達させます。

スピーキング上達の早道はこちら
スコット先生の発音大学でスピーキング上達
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!

スピーキングに英文法は?

スピーキングに英文法は?

スピーキングのための英文法も、理解できる!
スコット先生の発音大学でスピーキング英文法
 
私たちは学校で長年、英語を勉強してきています。
それなのに「英語が話せない」と感じている人は
少なくないでしょう。

何年も英語を勉強しているのにスピーキング
が苦手なのはどうしてなのか・・・。

それは学校で習った「英文法」がスピーキングに
結びついていないからではないでしょうか。

授業で習った文法が知識レベルにとどまっているだけ
で「自分のモノ」にはなっていないように思います。

「スピーキングに英文法は関係ない、慣れがすべて」
みたいなことを聞いたりもするため、文法を筆記テスト
対策として捉えてしまう部分があるようにも感じます。

ただ、ある年齢以上の人は慣れることに加えて「基本文法」
は必須です。中学1、2年生に習う英文法を知識レベル
ではなく、スピーキングを念頭に置いた英文法として
「自分の血肉」にしていく必要があります。

文法を血肉化させるためには「文法のルール」にあてはまる
英語の文章を、しつこいくらいに音読していきます。

10回、20回は準備運動。100回は繰り返すくらいの
気持で音読します。要は「口が覚える」感覚です。

単に機械的に繰り返すのではなく、その状況に浸るような思い
で音読すると効果的です。たとえば、北海道に行ったことが
あるなら「I enjoyed my vacation in Hokkaido.」と、その時
の映像を思い浮かべ、その時の「気持ち」も感じながら音読
すると記憶にも強く残ります。

自分の経験したことがない状況の英文内容であっても想像
はできますよね。言葉は「感情が伴う」と忘れにくくなります。

「スピーキングを見据えた英文法」という視点で見直すと、
難しいはずの文法が、何か新鮮に見えてきませんか。

スピーキングを見据えた英文法にも役立ちます!
スコット先生の発音大学でスピーキングと英文法
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!

スピーキング練習には?

スピーキング練習には、こちらが効果的です!
スコット先生の発音大学でスピーキング練習

スピーキングは「英文を作ること」という認識を持つ必要
があります。日常生活において自分の言いたいことを
「英語ではどう言うか?」といつも考えをめぐらせてみる。

こうした練習がスピーキングを上達させる土台になります。
「朝起きてから夜寝るまで」にふと感じたこと、思いついた
ことを英語でつぶやいてみる。電車の中など声を出しにくい
場所では、頭のなかでそれを考えてみる。

当然、知らない単語やわからない表現が出てきます。
その時に調べたことは記憶にもしっかりと残ります。
可能ならばハンディタイプの和英辞典や表現集などを
携帯できれば便利ですね。

スピーキング力を伸ばすには、一定のパターンを身に付ける
ことが必要となります。よく使われる「言い回し」を覚える
ことで英語力が向上していきます。

スピーキングというのは「会話のキャッチボール」のような
もので、相手が言った言葉を的確に受け止める必要があります。
学習メニューに「応対の練習」も入れておくといいでしょう。

学習者同士ペアになれる状況にあるなら、教材を使って会話の
練習をするのもいいでしょう。ペアがいなくても落語のように
一人二役でも練習できますね。

また会話だけにこだわらず、対訳付きのスピーチ集を教材に
使うことも効果的です。スピーチは内容的にも深みがあり、
それを使うことでスピーキングの練習としてだけでなく、
演説者の考え方を学ぶこともできて一挙両得の学習法です。

オバマ大統領の就任演説は内容もいいとの評判があります。

ともあれ、スピーキングは「徹底的に声に出して」練習する
ことが上達への道となります。

スピーキング練習には、こちらが効果的です!
スコット先生の発音大学でスピーキング練習
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!

TOEICのスピーキング力アップには?

TOEICのスピーキング力アップにもこちらが人気です。
スコット先生の発音大学でTOEICスピーキングアップ

「TOEIC」といえばリスニングとリーディングのテスト。
このテストによって、文法、聴き取り、語彙力の証明はできます。
しかし、実際にコミュニケーションをするには、自分の意見を
「述べること」ができ、文章を「書くこと」も必要となります。

その意味では、TOEICのスコアのみで英語の総合力を測るには
困難な側面があるのは事実です。

この欠点をカバーするために「TOEICスピーキング&ライティング
テスト」が行われています。このテストは一般的な「TOEICテスト」
とは区別されていて、スコア860点以上の得点者へ案内
されます。
1回の受験者数が数百人程度となっているようです。

こういう現状を見る限り、TOEICの主催者はスピーキングテストを
重要視していないのか、それとも審査方法が確立されていないため
積極的ではないのでしょうか。

「TOEICスピーキング&ライティングテスト」がまだ認知されて
いないことから教材も少なく、企業や学校もそのスコアに対して
どう評価すればいいのか定まっていないようです。

受験者数が少ない現段階では、企業等からの正当な評価はされ
にくいかもしれません。

TOEICのスピーキングテストは面接方式ではなく、
コンピューターを相手にスピーキングをします。

「英検」のように面接官の前でおこなうテストに比べると
どうしても臨場感に欠けることは否めないと思います。

スピーキングに関して、第三者からの評価が必要なら
英検が適していると言えるでしょう。

TOEICのスピーキング力アップにもこちらが効果的です!
スコット先生の発音大学でTOEICスピーキングアップ
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!

英語のスピーキング力アップには?

英語のスピーキング力アップにはこちらが効果的です!
スコット先生の発音大学で英語スピーキングアップ

英語学習で日本人にとって一番苦手なのが「スピーキング」
と言ってもいいでしょう。リスニング・リーディング
ライティング、どれも簡単ではないのですが、スピーキング
だけは自分から声を出さなければ始まりませんね。

TOEIC800点以上で、読む・聴くはできるけれどスピーキング力
が低いという人も少なくないと言われています。
このようになるのは脳内の「言語構造の確立」がなければスピー
キングは難しい、ことからきています。

「言語の構造」は幼少期なら容易に確立させることができる、と
研究者によって発表されています。しかし、英語が母国語でない人
の場合、12歳以降にただ英語を聞くだけでは、脳内に言葉の構造が
確立されるのに、かなりの時間がかかると言われています。

では、大人が外国語を習得するにはどうすればいいのでしょう?
英語を聴くだけではなく、効率的に学ぶ必要がありそうです。

英語の表現は、それこそ星の数ほどありますね。
そこでまずは「必要最小限の表現」をインプットし、その範囲内の
英語なら、すぐに口から出てくるぐらいに繰り返して覚える。
つまり「表現の核」を作り上げてしまうわけです。

「核」さえできてしまえば、あとはそれにどんどん「表現の肉付け」
をしていけばいいのです。そうするうちに思ったことが瞬間的に英語
で言えるようになってきます。

インプットなくしてアウトプットはあり得ません。大事なのはどんな
ことをインプットするかです。「英語の構造」に則して編集されている
基本文例や基本表現例を探してみてください。
長い文章よりも「短めの文例」の多いものが使いやすいでしょう。

英文を声に出しながら、いかに早く「核」を作り上げるかで、
その後のスピーキング力の伸び方も変わってくるように思います。

英語のスピーキング力アップにはこちらが効果的です!
スコット先生の発音大学で英語スピーキングアップ
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!