英語のリスニングのコツは?

英語のリスニングのコツは、英語を学習している人の
多くが日々、模索していることと思います。

日本人の多くは「英語→日本語→理解」の過程を
経ていると言われています。

英語を日本語に置き換えないで、語順どおりに
表現されている物体や状況をイメージしてみる。

CATなら猫という日本語ではなく「猫の映像」をイメージします。
練習を重ねれば速くイメージ出来るようになります。
まずは感覚的に理解してみることから始めてみましょう。

次に、リスニング問題で英文を聴いていて意味のとれない単語に
出くわしたとき、それを考えている間に英文が先に進んでいて、
またそこで慌ててしまい、あとが聴き取れない状況に陥ることが
あります。

分からない単語が出てきても絶対に慌てないことです。

単語の1つや2つ聴き取れなくても、前後の流れや全体の内容から、
ある程度“推測”ができます。

私たちが日本語を聞いたとき、「今聞いた日本語を一言一句変えず
に言ってみて」といわれてもできませんが、言われた内容は理解
していますね。それは「重要な語句」を理解し、その隙間は「推測」
で埋めているからです。

日本人同士の会話の中でも、すべて聴き取れているわけではなく、

聴き取れた内容を、自分の持っている知識や過去の経験から推測
しながら相手の言っていることを理解しています。

英語において、「強く発音」されている部分は「キーワード」と
捉え、「弱く発音」されている部分は、重要度は低いと推測する。
すべての単語を均一な比重で聴き取ろうとすると、エネルギーが
消耗されてしまいます。

このことも、リスニングのコツの一つとして知っておけば、
聴き取れなくてパニックになるのを防げます。

こちらからもっと詳しいリスニング上達法の動画を見ることができます。
⇒⇒英語リスニング力が30日で上達する方法