英語のスピーキング力アップには?

英語のスピーキング力アップにはこちらが効果的です!
スコット先生の発音大学で英語スピーキングアップ

英語学習で日本人にとって一番苦手なのが「スピーキング」
と言ってもいいでしょう。リスニング・リーディング
ライティング、どれも簡単ではないのですが、スピーキング
だけは自分から声を出さなければ始まりませんね。

TOEIC800点以上で、読む・聴くはできるけれどスピーキング力
が低いという人も少なくないと言われています。
このようになるのは脳内の「言語構造の確立」がなければスピー
キングは難しい、ことからきています。

「言語の構造」は幼少期なら容易に確立させることができる、と
研究者によって発表されています。しかし、英語が母国語でない人
の場合、12歳以降にただ英語を聞くだけでは、脳内に言葉の構造が
確立されるのに、かなりの時間がかかると言われています。

では、大人が外国語を習得するにはどうすればいいのでしょう?
英語を聴くだけではなく、効率的に学ぶ必要がありそうです。

英語の表現は、それこそ星の数ほどありますね。
そこでまずは「必要最小限の表現」をインプットし、その範囲内の
英語なら、すぐに口から出てくるぐらいに繰り返して覚える。
つまり「表現の核」を作り上げてしまうわけです。

「核」さえできてしまえば、あとはそれにどんどん「表現の肉付け」
をしていけばいいのです。そうするうちに思ったことが瞬間的に英語
で言えるようになってきます。

インプットなくしてアウトプットはあり得ません。大事なのはどんな
ことをインプットするかです。「英語の構造」に則して編集されている
基本文例や基本表現例を探してみてください。
長い文章よりも「短めの文例」の多いものが使いやすいでしょう。

英文を声に出しながら、いかに早く「核」を作り上げるかで、
その後のスピーキング力の伸び方も変わってくるように思います。

英語のスピーキング力アップにはこちらが効果的です!
スコット先生の発音大学で英語スピーキングアップ
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!