リスニングとヒアリングの違いとは?

⇒⇒リスニングもヒアリングも上達する方法

英語学習において「リスニング」と「ヒアリング」
何か違いがあるのでしょうか。

リスニングは文の意味などを考えながら「意識して」聴くこと。

ヒアリングは周りの音が「自然に」聞こえること。

リスニングとヒアリングという言い方については40代を境に
それより上の世代ではヒアリング、下の世代ではリスニングと

言っているような印象を持ちます。

日本ではヒアリング・リスニングも同じ意味で使われています。

最近はヒアリングよりもリスニングという言い方が一般的に
なっていて、ヒアリングという言い方はされなくなっている
ようですね。

リスニング、ヒアリングどちらにせよ、英語の聴きとりを
苦手とする学習者は多いです。

どうすればリスニングができるようになるのでしょう・・・。

「自分の出せる音は聞き取れる」。この原則からすると
まずは「自分の発音を基礎から鍛えること」。
これによりリスニング力は向上します。

もう1つ、読解力が弱いこともリスニングができない原因と
なっていることがあります。英語を「語順通り」に把握できな
ければ音声からの意味をつかむのは難しいのです。

英文を早く理解していく練習として、簡単な英文をたくさん速読
していくといいです。英語を聴いているときに「この単語なんだ?」
と考えている間に話はどんどん進みます。

わからないところは流して「わかる部分」から意味を推測していく
ことが必要となります。比較的平易な英文をできるだけ速く読む。
わからない単語が出てきても、そこで止まらずにどんどん先へと
読み進めていく。これを日頃からトレーニングすることで意味を
早くつかめるようになってきます。

耳だけではなく論理力や推理力を鍛えることも
「リスニング力を高める」ことに役立ちます。

もっと詳しいリスニング上達法はこちらをどうぞ。
⇒⇒リスニングもヒアリングも上達する方法