スコットペリーのリスニングと発音力上達方法とは?

スコットペリーのリスニングと発音力上達方法はこちら
⇒⇒スコットペリーのリスニング力が30日で上達する方法

きれいな発音を身につけると、リスニング力が伸びてきます。
発音がよくなることで、日本語にない英語の音が聴き取れる
ようになるため、リスニング力が上がるのです。

間違った発音が身に付くと、発音矯正にも時間がかかります。
発音を習得するのは早いほどいいと言われています。

4才から11才までの間に育った環境で「言語への適応能力」が
ほぼ決まってしまいます。12才を過ぎてからは、英語を聴いて
も日本語の似ている音(カタカナ音)に置き換えてしまうように
なります。

英語には日本語にない音がたくさんあるので、日本人が英語を
聴き取れないのも自然なことと言えますね。

英語力と発音力は別のスキルです。英語の文法も学びつつ、
発音力を身につけるためには、発音理論に則した学習をする
ことが必要となります。

自己流の学習では時間がかかります。また、間違った学習を
してしまうというリスクもあり得ます。
正しい方法で集中的に取り組むことで効果は早く表れるのです。

それでは、どういう学習をすれば発音力が鍛えられ、
リスニング力が向上するのでしょうか。

日本で英語を教えている、発音の第一人者のスコットペリー先生
によると、日本人のカタカナ発音をネイティブ英語に変えるには
いくつかの秘訣があるとのこと・・・

「4つの口の形を覚えれば正しい発音ができる」
「ネイティブが英語を話す時の呼吸の仕方を身につける」
など、これ以外にも秘訣はあるようです。

スコットペリー先生は日本人に的を絞って英語の発音力の向上
に取り組んでこられました。
それはどのような理論・方法のもとで行われているのでしょう? 
続きはこちらでどうぞ。
⇒⇒スコットペリー先生のリスニングと発音力上達方法