スピーキング練習には?

スピーキング練習には、こちらが効果的です!
スコット先生の発音大学でスピーキング練習

スピーキングは「英文を作ること」という認識を持つ必要
があります。日常生活において自分の言いたいことを
「英語ではどう言うか?」といつも考えをめぐらせてみる。

こうした練習がスピーキングを上達させる土台になります。
「朝起きてから夜寝るまで」にふと感じたこと、思いついた
ことを英語でつぶやいてみる。電車の中など声を出しにくい
場所では、頭のなかでそれを考えてみる。

当然、知らない単語やわからない表現が出てきます。
その時に調べたことは記憶にもしっかりと残ります。
可能ならばハンディタイプの和英辞典や表現集などを
携帯できれば便利ですね。

スピーキング力を伸ばすには、一定のパターンを身に付ける
ことが必要となります。よく使われる「言い回し」を覚える
ことで英語力が向上していきます。

スピーキングというのは「会話のキャッチボール」のような
もので、相手が言った言葉を的確に受け止める必要があります。
学習メニューに「応対の練習」も入れておくといいでしょう。

学習者同士ペアになれる状況にあるなら、教材を使って会話の
練習をするのもいいでしょう。ペアがいなくても落語のように
一人二役でも練習できますね。

また会話だけにこだわらず、対訳付きのスピーチ集を教材に
使うことも効果的です。スピーチは内容的にも深みがあり、
それを使うことでスピーキングの練習としてだけでなく、
演説者の考え方を学ぶこともできて一挙両得の学習法です。

オバマ大統領の就任演説は内容もいいとの評判があります。

ともあれ、スピーキングは「徹底的に声に出して」練習する
ことが上達への道となります。

スピーキング練習には、こちらが効果的です!
スコット先生の発音大学でスピーキング練習
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!