スピーキング上達法は?

スピーキング上達法で役立つのはこちらです。
スコット先生の発音大学でスピーキング上達

スピーキングの上達法として、3つのポイントがあります。
それは、「発音」「インプット」「アウトプット」。
これらをしっかり訓練することでスピーキングの上達が望めます。

英語では「発音」がすべての基本になります。自分が知らない
単語は聴き取れず理解できません。正しい英語の発音を身に
つけることで、スピーキングのみならずリスニングに対しても
プラスになります。

日本人にとって完璧な英語の発音をするのは難しいです。
そこまでには至らなくても、最低限ネイティブに通じる発音が
できないと相手には何も伝わりません。

相手に通じる発音を身につけるには、個々の単語の発音や
アクセントを知ることはもちろんですが、文章の中でその
単語がどのように発音されるのか。
文の流れの中で「発音の変化」を知ることも必要となります。

それに加えて基本文例をインプットし、それを「口に出す」
というアウトプットが、スピーキングの上達には欠かせません。

このインプットには文例だけでなく、国際的に問題になっている
ことや「アイフォン」といった話題性のある情報なども含まれます。
いくら発音がネイティブのようにできても、内容の薄い話では
コミュニケーションが広がっていきにくいからです。

時事問題について、自分の意見を伝えることができれば、
深いコミュニケーションに発展していけるでしょうね。

スピーキングでは「間違いを恐れない」心構えも必要です。
「きちんとした英語を話さなければ」と考え過ぎてしまうと
言葉が出てきません。

「外国語である以上、間違うのは当然」と思うくらいでちょうど
いいでしょう。ジェスチャーも使いながら自分の意思を「伝えよう、
伝えよう」とする熱意がスピーキング力を上達させます。

スピーキング上達の早道はこちら
スコット先生の発音大学でスピーキング上達
 *あなたも4つの口の位置が身につきパーフェクトな英語を話せるようになる!