TOEIC(トーイック)の点数

TOEIC(トーイック)の点数は、200問のテストですから、
素点で1問が5点だとすると1000点満点となるのですが、
実際は全問正解でも990点、全問不正解でも10点はあります。

これはTOEIC(トーイック)の点数が素点ではなく、毎回のテストでの
正答率をその都度、統計処理をして割り出しているからなのです。
公式問題集には「スコアは減点方式ではなく独自の出し方をしている」
と書かれています。

同じ人が異なる問題で受験をしても、英語力に変化がない限り、
毎回、ほぼ同じような得点が得られるのはこのためなのです。

正答数と点数の関係は、問題全体の難易度にもよりますし、
自分が解けた問題の難易度分布によっても変わってくるようです。

ここで質問です。

TOEIC(トーイック)の点数を履歴書に書くには、
どれくらいの点数があればいいと思いますか。

あまりにも低い点数だと「自己アピール」として逆効果ですし、
「履歴書に書いて恥ずかしくない点数」の目安を知っておくと、
今後の目標も立てやすくなりますね。

現在、就職活動時に必要とされている点数は「500点~550点」
あたりが最低基準だといわれているようです。

これを考慮すると、まずは「600点」を1つの目安にして
いいかもしれません。

ただ、外資系企業のように英語での業務が多い職場の場合は
「800点以上」が目安になるでしょう。

企業内で求められるTOEIC(トーイック)の点数として、
営業や技術部門では700点以上の人材が求められるそうです。

ところで、TOEIC(トーイック)はネイティブの人がいきなり受験しても、
高得点が得られるものではないようです。
ということは、勉強の仕方次第で高得点も可能といえますね。

★短期間で多くの方がTOEICの点数がアップしている
人気のTOEIC対策は、こちらです。
TOEICの点数アップにはScore Up 1-2-3
*体験者の多くがわずか2週間で200点以上スコアアップしています!