スコットペリーのネイティブ英会話とは?

スコットペリーのネイティブ英会話とはこちらです。
⇒⇒スコットペリーのネイティブみたいな英会話になる方法

スコットペリー先生は、日本で英語を教えながら、
どうすれば日本人が英語の音を聴きとれて、英会話ができる
ようになるのか、ということを長年研究されてきました。

実は、英語と日本語では「周波数」が大きく異なるのです。
日本語の周波数は世界の中でも低い周波数の部類に入ります。
一方、英語の周波数は高いです。

日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語
を聞いても、ネイティブの話す英語本来の音を聴き取ることが
できず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのです。
それがカタカナ英語になる要因なのです。

「日本人が英会話に弱い理由は日本語の周波数にあった」・・・

この事実をもとに、スコットペリー先生は言語学者、語学講師、
エンジニアなどの協力を得て、『リスニングパワー』という
発音力養成プログラムを開発されました。

『リスニングパワー』は、ネイティブの発音をコンピューターで
分析し、英語独特の「キーサウンド」や、その他の「混合音」を
広範囲にわたり解析した結果、日本人がネイティブの音を聴き
取れるように開発されたリスニング教材です。

この教材は、日本語には存在しない「10の母音」と
話すときに生じる「発音の変化」を重視しています。

英語の周波数を「耳から脳に送る」ことによって
日本人にとって今まで聴き取ることの難しかった英語の
「音声」を認識できるようになってくるようです。

英会話の学習に周波数が出てくるというのは、今まで多くは
語られてこなかったのではないかと思います。ひとつの着眼点
として非常に興味深いです。
続きはこちらでどうぞ
⇒⇒スコットペリーのリスニングパワー

英会話を上達させる方法?

英会話を上達させる方法?

英会話の上達にぴったりな自宅でネットで
学べるのがこちらです。7日間無料体験できます!
⇒⇒バーチャル英会話教室

英会話を上達させるには毎日の生活のなかで、「これを英語では
何と言うのかな」と考える癖をつけてみてください。
どう表現すればいいのか、わからないことがたくさん出てきます。

自分の内から出てきた疑問は「生きた教材」になります。
それらの表現をあれこれと考えることは「生きた学習」になります。
解答の付いている問題集の勉強とは、ひと味違うものです。

自分なりに出した答えを後で和英辞典や表現集で調べてみます。
そういった手間のかかる積み重ねが英会話力を向上させます。

マンガを使った学習法もあります。英語版の『サザエさん』は
セリフ部分は英語になっていますが、ページの下には日本語も
載っています。先に日本語を見て自分ならどう表現するかを考え
それから英文を見ます。これは英会話の学習として使えます。

他に「スーパーマン」や「バットマン」といった本場アメリカの
マンガ雑誌を使うのもいいですね。大型書店に行けば置いています。

次に「文通」を通しての学習はいかがでしょう?
文通というと古い感じがしますが、ネット時代の今は外国人と
メール交換してみると奥の深い学習ができます。

私は以前、インドの人とメールでやり取りしたことがあります。
インドでは英語も使われていますから、だいたいは自然な英文が
送られてくるのですが、ときおり語彙の使い方に誤りがある文を
発見したりして興味深かったですよ。

学習法はさまざまですが、英会話を上達させる一番の方法といえば、
やはりネイティブと直接話すことですね。自分の友人がネイティブと
知り合いなら、その人を紹介してもらいましょう。そういう人がいない
ときは地域情報誌で外国人向けのイベントがないか調べてみてください。

日本人も参加できますから、勇気を出して参加してみると
いろいろな国の人と知り合えるチャンスになります。

★英会話の上達にぴったりな自宅でネットで
学べるのがこちらです。7日間無料体験できます!
⇒⇒バーチャル英会話教室


洋楽でリスニングの学習

「好きな洋楽でリスニングの学習ができればいいな」
と考えている人も多いと思います。

洋楽でリスニングの学習をするためには、歌詞の意味
を聞き取ろうと「耳を澄まして聴く」ことが必要です。
その後、スクリプトで歌詞を確認します。

BGM感覚で聴いているだけでは学習効果はありません。
学習のためには「歌詞スクリプト」が必要となります。

スクリプトで「音と音の連結」や「音の脱落」を確認
します。 英語は音がつながりあったり、ある部分が
消えたりします。そして何度もその歌詞を歌うなかで
音の連結や脱落が感覚的にわかるようになってきます。

また英文を単に音読しても覚えにくいですが、
文章に「リズム」があると頭に残りやすいですね。
これが洋楽でリスニング学習する利点でしょう。

基本的には自分の好きな洋楽を選ぶのがいいです。
なかでも「ビートルズ」は多くの人が推薦しています。

ビートルズの楽曲は標準的できれいな英語が使われて
いるので、学習用として適しているのでしょう。
カーペンターズも発音がきれいで聴きとりやすいです。

また洋楽の歌詞に込められている「気持ち」や英語独特
の「表現の仕方」を知ることは有益だと思います。

ただ音楽というのは、日常会話のリズムとは違う部分も
多くあります。またロック系はスラングも使われています。

英語の初学者がスラングを覚えることには疑問を感じます。

趣味ではなく、学習用として活用するなら
ある程度「選曲」も必要になるでしょう。

洋楽を聴いて英語を勉強した気分になってしまうと方向違い
になってしまいます。ここは注意するべきです。

洋楽のリスニングは、学習の中心ではなく
「脇役」として活用するのが適しています。

こちらからリスニング上達法の動画を見ることができます。
⇒⇒英会話リスニング力が30日で上達する方法