TOEIC(トーイック)の試験日や会場は?

TOEIC(トーイック)の試験日は、「年8回」
(1・3・5・6・7・9・10・11月)
で「全国80都市」で実施されます。

受験地ごとに実施回数が異なる場合が
あるため、受験を希望する受験地別の
スケジュールを事前に確認しておく
必要があります。

今回の東北地震の影響で3月の試験が
すべて中止になっています。
今後、何か突発的なことが起こった場合は、
ホームページなどで確認したほうがいいです。
TOEICテストの受験地スケジュール(東北)

TOEIC(トーイック)の試験会場は
「受験票」で各受験者に通知されます。

試験会場の指定はできません。
TOEIC事務局によると住所を考慮して、
なるべく近いところを設定するそうですが、
受験人数の都合で遠いところになる場合もあるようです。
会場として使われるのは、主に「大学」「専門学校」「高校」です。

初めて行く試験会場の場合、地図だけで場所を判断していると・・・
「近いと思っていたら意外と時間がかかって遅刻した」
こんなことにならないように、前もって交通手段を確認しておくほうが
いいでしょう。

電車の乗り換えがある場合、連結がどうなっているかなども調べて
おきましょう。乗り換えに時間がかかることもあり得ます。

試験会場に到着したら、自分が受験する校舎を確認し、速やかに
席に着き、その後、トイレの場所も必ず確認しておきましょう。
(トイレは試験中でも行くことができます。)

携帯は電源を切った画面をスタッフに見せなくてはいけません。
(マナーモード不可)

リスニングはスピーカーで会場全体に流されます。
一番後ろの席の人達に、
この大きさで聞こえるかどうかの確認がされます。

気持ちに余裕が持てるように、少し早めに
会場に着いておくのがいいですね。

TOEIC攻略法の詳細はこちら
 *今までのわたしのTOEIC勉強法の常識が崩れました!