TOEIC(トーイック)とは?

TOEIC(トーイック)とは、主に英語を母国語としない方を対象とし、
英語による「コミュニケーション能力」を幅広く評価する世界共通の
テストです。

TOEIC(トーイック)は現在さまざまな企業、学校で活用されています。

企業における活用
・新入社員の英語能力の向上
・海外出張や駐在の基準
・昇進・昇格の要件

学校における活用
・英語課程の単位認定基準
・推薦入試基準

TOEIC(トーイック)は大学入試で問われるような和文英訳、英文和訳などの
技術ではなく、どれだけ“英語でコミュニケーションできるか”ということ
を測ります。

テスト自体は、合否ではなく「10点から990点まで」のスコアで評価されます。
リスニング(45分間・100問)、リーディング(75分間・100問)、
合計2時間で200問に答えるマークシート方式のテストです。

リスニングとリーディングのテストのみで、スピーキングとライティングの
テストは行いません。
実施機関によれば、リスニングとリーディングの能力をもって
スピーキングとライティング能力も測定できると説明しています。

この部分は賛否両論あるところです。実際、テストの高得点者が
ネイティブと会話できない、と聞いたことがあります。

「英語でコミュニケーションできること」を本当に測るのであれば
むしろ「スピーキングとリスニング」の能力を問うべきではないか、
と個人的には感じています。

ともあれ、日本における「英語力を示す」スタンダードになっている
TOEIC(トーイック)とは仲良くなっておいたほうがいいようですね。

TOEIC攻略法の詳細はこちら
 *今までのあなたのTOEIC勉強法の常識が崩れます!