TOEIC(トーイック)の解答で注意することは?

TOEIC(トーイック)の解答でスムーズに答えて高得点をとる方法です。
TOEIC(トーイック)の解答テクニックが学べる教材

TOEIC(トーイック)の解答で注意することとして
「解答用紙以外への書き込みは禁止」となっていることです。
テスト開発元の方針で、カンニングや試験問題の漏洩を
防ぐために解答用紙以外への書き込みを禁止しているようです。

問題用紙に書き込みができないとなると、リスニングで会話を
聴いた後に、その記憶だけで設問に答えるのは容易ではないです。

その場合は、左手の人差し指と中指と薬指を使って該当番号を
押さえて、後でまとめてマークすればよいでしょう。

現行方式は受験生に余分な負担をかけていると感じます。
問題用紙の持ち帰りも不可となっている現状下では書き込みは
許容範囲だと思います。

TOEIC(トーイック)の解答で心がけることとしては時間勝負の試験
である以上、答えが分からなくても迷い続けるのは避けましょう。

文法は知らなければ分からないという問題です。分からなければ、
とりあえず「B」にマークして後回しにしたほうがいいでしょう。
(確率から「B」が解答である可能性が高いため)

とりあえずどれかにマークしておかないと、空欄にしておくと、
次の設問で間違えて、そこにマークしてしまう危険性があります。
一度、間違えてしまうと、ボタンの掛け違いのように、すべてが
ズレていってしまいます。

小さなことですが、試験という性質上、普段なら間違えないような
凡ミスをしてしまうことが出てきます。問題番号と解答番号を
確かめ合いながら進めていく慎重さが求められます。

定期的に本番と同様の状況で模擬テストを解いておくことで、
本番でも同じリズムで解くことができるようになります。
焦らないことがTOEIC(トーイック)の解答では極めて重要です。

TOEIC(トーイック)の解答でスムーズに答えて高得点をとる方法です。
TOEIC(トーイック)の解答テクニックが学べる教材
 *今までのわたしのTOEIC勉強法の常識が崩れました!