TOEIC(トーイック)の過去問の傾向

TOEIC(トーイック)の過去問の傾向を知ることは、これから受験
するにあたり、必ずやっておくべきことです。世の中のあらゆる
試験では過去問と同じ問題やそれに類似した問題が出題される
ことはよくあります。

TOEIC(トーイック)では、問題のボリュームがとても多いため
「スピードを意識」して取り組まないと、時間内に解き終える
ことが難しくなります。

そのためにも過去問で、時間を計りながら問題演習を繰り返す
ことが重要です。日頃からストップウォッチで計りながら速く
解けるように訓練しておきましょう。

過去問を繰り返すなかで、問題の形式にも慣れていきますし、
自分にとって苦手なパートや間違えやすい部分も分かります。

最近の傾向として、英文が長文になっています。
そのため普段から「速読を意識」した学習が必要になります。

どの部分で手間取ったかを分析して、自身を客観視すること
も必要となります。特にリーディングでは英文を読解する上で
「重要な情報」とそれほど重要でない情報を見分けることが
求められます。

また「ビジネス語彙」が増加傾向にあります。ただし、ビジネス
関連の語彙は、その単語の意味を知らなくても基本単語や文法を
理解していれば正答できる場合が多いです。

「文法問題」は過去の問題が頻出する傾向にあるため、
その傾向を知っておくことで高スコアにつながります。

「公式問題集」でリスニングの問題を読んでいるナレーターが
本番でも担当したという事実もあるようです。
「公式問題集」は手に入れておくといいでしょう。

TOEICも筆記試験である以上、過去問の傾向を知ることで、
効果的な対策を立てることができます。

★TOEICの過去問の傾向を知ってスコアアップできる
人気のTOEIC対策は、こちらです。
TOEICの対策と傾向にはScore Up 1-2-3
*体験者の多くがわずか2週間で200点以上スコアアップしています!