TOEIC(トーイック)のレベルは何段階?

TOEIC(トーイック)のレベルには5段階あります。

A:860点~990点
『Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる。語彙・文法
・構文のいずれをも正確に把握し、流暢に駆使する力を持っている』
「国際情勢」の話題でもネイティブとディベートできるレベルですね。

B:730点~855点
『どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
日常会話は完全に理解できる。ただし正確さと流暢さには個人差がある』
人の「うわさ話」ができるほどのレベルでしょう。

C:470点~725点
『日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニ
ケ-ションができる。日常会話であれば応答にもほぼ支障はない』
ショッピングで店の人と「値引き交渉」ができると理解していいでしょう。

D:220点~465点
『日常会話で最低限のコミュニケーションができる。ゆっくり話して
もらうか、言い換えをしてもらえれば、簡単な会話は理解できる』
「どちらまで?」「ちょっとそこまで」ぐらいの会話ならOKです。

E :10点~215点
『コミュニケーションができるまでには至っていない。単純な会話をゆっくり
話してもらっても部分的にしか理解できない。実質的な意思疎通はできない』
「もう一度、中学校のテキストから勉強」のレベルでしょう。

企業が海外の部署に社員を派遣する際にはTOEIC(トーイック)レベル730点以上。
英語学校などの日本人講師の応募基準には850点以上。
TOEIC(トーイック)のレベルにおけるスコアは企業で重要視されています。

TOEICレベルアップにはScore Up 1-2-3
わずか2週間で200点以上スコアアップする方法です!