洋楽でリスニングの学習

「好きな洋楽でリスニングの学習ができればいいな」
と考えている人も多いと思います。

洋楽でリスニングの学習をするためには、歌詞の意味
を聞き取ろうと「耳を澄まして聴く」ことが必要です。
その後、スクリプトで歌詞を確認します。

BGM感覚で聴いているだけでは学習効果はありません。
学習のためには「歌詞スクリプト」が必要となります。

スクリプトで「音と音の連結」や「音の脱落」を確認
します。 英語は音がつながりあったり、ある部分が
消えたりします。そして何度もその歌詞を歌うなかで
音の連結や脱落が感覚的にわかるようになってきます。

また英文を単に音読しても覚えにくいですが、
文章に「リズム」があると頭に残りやすいですね。
これが洋楽でリスニング学習する利点でしょう。

基本的には自分の好きな洋楽を選ぶのがいいです。
なかでも「ビートルズ」は多くの人が推薦しています。

ビートルズの楽曲は標準的できれいな英語が使われて
いるので、学習用として適しているのでしょう。
カーペンターズも発音がきれいで聴きとりやすいです。

また洋楽の歌詞に込められている「気持ち」や英語独特
の「表現の仕方」を知ることは有益だと思います。

ただ音楽というのは、日常会話のリズムとは違う部分も
多くあります。またロック系はスラングも使われています。

英語の初学者がスラングを覚えることには疑問を感じます。

趣味ではなく、学習用として活用するなら
ある程度「選曲」も必要になるでしょう。

洋楽を聴いて英語を勉強した気分になってしまうと方向違い
になってしまいます。ここは注意するべきです。

洋楽のリスニングは、学習の中心ではなく
「脇役」として活用するのが適しています。

こちらからリスニング上達法の動画を見ることができます。
⇒⇒英会話リスニング力が30日で上達する方法